開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/05/27

英シェル、サハリン2権益売却巡りインド企業連合と交渉

ロイター

photo

[ロンドン 26日 ロイター] - 英石油大手シェルは、ロシア極東の石油ガス開発事業「サハリン2」の権益について、インドのエネルギー関連のコンソーシアム(企業連合)と売却交渉を進めている。関係者3人がロイターに明らかにした。

サハリン2で保有する約27.5%の権益を巡り、インドの石油天然ガス公社(ONGC)や天然ガス供給大手ゲイルと協議に入っているという。

関係筋によると、シェルとインドのコンソーシアムが合意に至るかは不明。

シェルは、サハリン2の権益売却で中国のエネルギー企業など他の企業とは協議していないという。

サハリン2にはロシア国営ガス大手・ガスプロムが約50%出資、三井物産や三菱商事も参加している。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!