• 2022/08/05 掲載

東芝インフラシステムズ、ローカル5G共創センター「Creative Circuit L5G」開設

東芝インフラシステムズ

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。
 当社は、東芝府中事業所(所在地:東京都府中市)にローカル5G利用するアプリケーションの実証試験を行うラボ『Creative Circuit L5G(TM)』(※1)を開設しました。社外の方の利用も可能です。

 本ラボでは、sub6帯域(4.6GHz~4.9GHz)のローカル5G SA(スタンドアローン)システムや5G端末を用意し、ローカル5G活用の様々なシステムの実証実験を行う事が出来る環境を提供すると共に、工場内やインフラ施設でのローカル5G活用をイメージしたアプリケーションを体感することが出来ます。

 ローカル5Gは免許を取得した事業者が自己土地内で独自に構築・運営することができる5Gネットワークです。5Gの特徴である高速・大容量、低遅延、多接続に加え、ローカル5Gならではの高い安定性とセキュリティ、柔軟なエリア設計を実現できる事から、デジタル変革を支える次世代の基幹インフラとして、幅広い分野での活用が期待されています。

 特に製造業や社会インフラ分野等、当社が取り組んでいる事業領域での適用可能性も大いにあると考えており、当社は、東芝府中事業所で、2019年にものづくり高度化によるスマートファクトリーの実現を目的に、ミリ波帯域(28GHz帯)のローカル5G NSA(ノンスタンドアローン)システム運用を開始し、事業所内の製造現場でトライアルを続けてきました。

 この度、当社は、更なるローカル5G活用として、ロボットやAGV(無人搬送車)等のスマートファクトリー向け低遅延制御ソリューションや、スマートグラスの遠隔作業支援や360°の大容量映像等のインフラ向け自動化省力化ソリューションなど、これまで収集できなかった運行中の機器データや大容量の動画像のローカル5G無線回線で収集し、AI活用などのアプリケーションでの付加価値創造を目指して、今回開設したラボ『Creative Circuit L5G(TM)』にて新サービス創造に取組を拡大させます。

 また、量子暗号通信やTSN(Time Sensitive Network)技術等、東芝グループ内で取り組んでいる研究開発技術の実証や、社内外のパートナー企業との共創活動も順次進める事で、府中事業所の生産性向上やスマートファクトリー化の実現と、新たな収益機会の創設を目指します。

※1 『Creative Circuit L5G(TM)』

 当社共創コンセプト 「一人ひとりの創造性をつなげ、 みんなで うれしさの循環(R)をつくる」より 「創造性: Creative」「循環する: Circuit」をとって「Creative Circuit」とネーミングしました。また、L5Gは、ローカル5Gを表しています。

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます