開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ヤプリ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/12/10
 なぜパイオニアのデジタル変革は“浸透”するのか?「儲かる製造業」へツール、アプリ活用の勘所とは

2019年以降、投資ファンドのもとで従来の製造業からソリューションサービス企業へと変革を進めているのがパイオニアだ。その社内カンパニー モビリティサービスカンパニーでデータソリューション事業を担う石戸 亮 氏は、同社のデジタル変革にいかに推進しようとしているのか。後編となる今回は、組織の変革、人材の育成、ツール・アプリ活用などの視点から、その取り組みを聞いた。


デジタル変革を牽引する組織をどう作る?

 現在、多くの企業がデジタル変革に取り組んでいる。そのための専門組織を立ち上げている企業も多いだろう。石戸氏も、こうしたデジタル変革組織に関する相談を受けることが多いという。

 ただし、よくあるパターンは「社長から言われて部長や課長がデジタル変革部門の室長にアサインされ、迷走しているケースです」と手厳しい。では、どうやれば成功するデジタル変革組織を作れるのか。

「経営トップがやればよいのです。経営トップが自らデジタル変革のリーダーになって、自分で顧客に会い、自分で手を動かし、サービスを作ることができればそれが一番です。そうでなければデジタル変革は上意下達の"やらされ仕事"になって、うまくいかないと思います。CDO同士の横のつながりがあり、情報交換しているのですが、うまくデジタル変革を推進している企業はどの業界でも、明白にトップの近くにCDOが位置づけられています」(石戸氏)

 これは企業規模とは無関係だ。従業員が数万人規模の大企業でも、デジタル変革組織功している企業は副社長などの経営トップがその責任者となって牽引しているケースがほとんどだ。もちろん、パイオニアもその1社である。

この記事の続き >>
・「デジタル変革人材」になるための日々の活動チェックリスト
・他組織や他部門の協力を得るために大切なこと
・ノーコード、ローコードで現場が自ら手を動かせ
・製造業が大幅な利益を出せるようになるには

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!