株式会社ヤプリ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/23 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
1909年創業の味の素グループは、今大きな変革を遂げようとしている。2020年には「食と健康の課題解決企業」というミッションドリブン企業へ生まれ変わることを宣言し、組織体制の変更や新規事業立ち上げを次々に行っている。2020年春にCEO補佐として同グループに参画し、新規事業の創出に取り組む白石卓也氏に、味の素での取り組み、そして「変革」を成功に導くポイントを聞いた。

味の素の転換、食品メーカーから“課題解決企業”へ

 味の素グループは2019年、「地球的な視野に立ち、“食”と“健康”、そして明日のよりよい生活に貢献する」というミッションを掲げ、そのミッションに基づき経営を進める“パーパス経営”へかじを切った。

 すなわち、食品を作る“メーカー”から、食と健康の“課題解決企業”へと変わったのである。当然、旧来のメーカーのやり方ではうまく進まないことも出てくる。そこでローソンや西友など名だたる企業でデジタル変革を成し遂げてきた白石氏に白羽の矢が立った。

 同氏が味の素に参画したのは2020年5月。CEO補佐として、新規事業の創出がミッションとして与えられた。

「“課題解決企業”となるためには、常に顧客起点で多様な技術を融合させながら新たな価値を生み出し、サステナブルに供給することが求められます。それを実現するには、従来のビジネスモデルの変革が必要になるのです」

 こうした信念のもと、味の素グループで2020年7月から進められているのが「事業モデル変革タスクフォース」である。そこでは、具体的にどのような取り組みを行っているのか。

この記事の続き >>
・味の素が掲げる「事業モデル変革」の実態、3つの取り組みとは
・ウォルマートで学んだ、変革を成功に導く最も重要なポイント
・「食」に、世界へ挑戦できるポテンシャルを感じている

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ


関連コンテンツ


処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​