開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ヤプリ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/05/30
 8割以上が効果を実感、鹿島アントラーズや吉本興業も活用する「ノーコード」の実力

ここ2年ほど注目を集めているキーワードに「ノーコード」がある。ノーコードとは、プログラミングのコードを書くことなくアプリケーションや各種システムを開発できるツールを指すが、なぜこれほどまでに注目されているのか。ここでは、実際にどれほどの企業がノーコードを活用しているのかをまとめた市場レポートを紹介するとともに、鹿島アントラーズと吉本興業の活用事例を交えながらノーコードの可能性を解説する。

「ノーコード」が注目される理由

 多くの企業がDXに取り組む中、注目を集めているキーワードが「ノーコード」だ。2019年末頃からメディアで取り上げられるようになり、現在ではノーコードをうたうツールがいくつも登場している。

 そもそもノーコードとは、プログラミング不要でアプリケーションやシステムを開発できるツールを指す。これまで、プログラミングが必須であったWebサイトやモバイルアプリなども、ノーコードを使えばプログラミングなしで実現できる。

 なお、ノーコードと似た言葉に「ローコード」がある。これは少ないコードの記述で簡単に開発ができる手法を指し、すでにプログラミングの知識を備えたITエンジニアなどの開発工数を削減するために活用されているケースが多い。一方、ノーコードはプログラミングの知識を一切必要としないため、あらゆる現場での活用の可能性が開かれている。

 そんなノーコードが注目される理由の1つに、日本におけるITエンジニア不足の問題が挙げられる。現在、多くの企業がDXに取り組んでいるが、限られたITエンジニアのリソースだけではスムーズに開発は進まない。こうした中で、システム部門以外の担当者でも簡単に使えるノーコードが課題解決の手段として期待されているのだ。

 このように、DX推進に不可欠とも言えるノーコードだが、一般のビジネスパーソンにはどれほど知られているのだろうか。また、ノーコードのツールやサービスを活用している企業はどれくらいあるのだろうか。ここからは、国内におけるノーコードの利用現状と課題、さらには活用におけるポイントまで踏み込んで解説したい。

この記事の続き >>
・ノーコードの認知度は?国内企業のノーコード利用率は?
・活用企業の8割が効果を実感、ノーコードの実力とは
・ノーコード活用に向いている企業の特徴
・鹿島アントラーズ・吉本興業のノーコード活用事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!