開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • SAPジャパン、統合アプリケーションプラットフォーム「SAP NetWeaver」に新機能追加

  • 2007/12/19

SAPジャパン、統合アプリケーションプラットフォーム「SAP NetWeaver」に新機能追加

SAPジャパンは、包括的な統合アプリケーションプラットフォーム「SAP NetWeaver」に新機能を追加したと発表した。

SAPジャパンは、包括的な統合アプリケーションプラットフォーム「SAP NetWeaver」に新機能を追加したと発表した。

 社内システムの全てのWebサービスの定義を格納し一元管理するデータベース「Enterprise Services Repository」、および最新の標準規格に基づいたエンタープライズSOAベースのアプリケーション開発環境である「SAP NetWeaver Composition Environment」を本日より提供開始する。また、エンタープライズSOAベースのビジネスプロセス統合管理を実現する「SAP NetWeaver Process Integration」を限定的に販売する。

 Enterprise Services Repositoryは、ユーザー、パートナー、およびSAPがそれぞれ作成したサービスの一元管理を行い、エンタープライズSOAをベースとしたビジネスプロセス管理やコンポジット・アプリケーションの構築を容易にするもの。プログラムのインタフェースに必要となるWebサービスの管理情報だけでなく、プロセスの設計に必要となるビジネスプロセス・モデルとビジネスオブジェクト・モデルの管理も可能にする。

 SAP NetWeaver CEは、最新の標準規格であるJava Platform、Enterprise Edition 5 (JEE 5)をサポートし、SAPの基幹業務システムを支えてきたアプリケーションサーバの経験を活かし、独自のJava仮想マシン(JVM)を提供している。

 SAP NetWeaver PIはSAP NetWeaver Exchange Infrastructureの後継となる製品で、エンドツーエンドのプロセス統合を行い、エンタープライズSOAを実現する標準基盤。Enterprise Services Repositoryに直接連携することによってサービスレベルでの連携を実現し、サービスベースのビジネスプロセスの構築を支援する。

セミナー

トピックス

IT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!