開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2009/07/23

アリコジャパン、最大で11万件の顧客情報が漏えいの可能性、既に複数のカード被害

アリコジャパンは23日、同社の顧客情報の一部が社外に流出している可能性があると発表した。

アリコジャパンは23日、同社の顧客情報の一部が社外に流出している可能性があると発表した。7月14日以降、クレジットカード会社からカードの不正使用に関する複数の照会を受けて発覚したという。

 最初の不正使用は現段階では7月初旬、以下の条件のすべてに該当する顧客に不正使用の傾向が見られるという。

・2002年7月から2008年5月までに広告を見て直接申し込み、かつ
・クレジットカードで保険料を支払い、かつ
・証券番号の下一桁が2または3を含む契約を持つ顧客

 アリコは、個人情報危機特別対策本部を立ち上げ、外部の情報セキュリティの専門家とともに、流出した疑いのある情報の特定を進めている。

 情報漏えいの可能性がある顧客には7月24日から書面で連絡するという。また、クレジットカード会社からの利用明細書に心当たりのない請求がないか注意を払うよう呼びかけている。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!