開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2009/08/14

三井情報、現場の「見える化」を可能にするソフトウェア「TOPCIMneo」を発売

三井情報は、生産情報・設備情報の「見える化」をサポートする監視・制御ソフトウェアを発売した。

 三井情報は、生産性向上・省エネをサポートする監視・制御ソフトウェア「TOPCIMneo」を発売した。

 同ソフトウェアは、事業所や工場などにおける各種設備や業務システムから取り込んだデータを統合し、設備稼働状況や生産工程を把握・分析することで現場の「見える化」を可能にする。これにより、設備稼働率や生産性の効率化、省エネ化などを支援する。石油・化学や原子力、食品・飲料などの製造関連企業のほか、設備の監視・制御を必要とするさまざまな業種の企業に対応可能だ。

 LinuxサーバによるWeb対応ソフトウェアであり、Webブラウザ環境から設備の個別監視・制御が可能。また、Linuxベースのローカル機器への組み込みにより、遠隔地や人が近付くことのできない場所での無人監視などにも活用できる。

見える化・意思決定 ジャンルのトピックス

見える化・意思決定 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!