• 会員限定
  • 2010/04/26 掲載

老舗の結婚相談所が会員データベース構築に求めた要件【事例から学ぶ、OSSでコスト削減を成功させるコツ (3)】

ビーブレイクシステムズ 営業担当取締役 高橋 明氏

記事をお気に入りリストに登録することができます。
昨今、「婚活ブーム」と言われ、婚活関連サービスを提供する会社はますます激しい競争を繰り広げている。今回は、結婚相談所のE社が会員情報管理システム構築した事例を通して、データベースにオープンソースのデータベースと商用データベースのどちらを選ぶことになったのか、E社の判断基準とそれぞれのメリット、デメリットをご紹介したい。

高橋 明

高橋 明

ビーブレイクシステムズ 営業担当取締役
早稲田大学商学部卒業。大学卒業後日興コーディアル証券にてリテール、法人営業を行う。その後ビーブレイクシステムズの設立に参画し、現在に至る。専門は会計システムに関するコンサルティングセールス。

今回題材にする企業の概要
企業名:E相談所
従業員数:数十名程度
事業規模・内容:全国展開している結婚相談所。加盟店方式を採用
主な事業内容:
・加盟店の募集
・会員の募集、お見合いなどのマッチング業務
・加盟店や会員に対するマッチングシステムの提供
・会員に対する各種サービス・情報提供(お見合いパーティの開催、メルマガ)

競争が激化する婚活関連サービス

 今回の主役となるE社は、加盟店方式により全国展開している結婚相談所だ。基本的には加盟店が会員を募集し、その会員に対して加盟店のカウンセラーがE社に各加盟店から登録された会員の中からお見合い相手を紹介し、コーディネートするサービスを提供していた(E社も会員の募集、コーディネートサービスの提供は行っている)。

 E社の主な業務は、カウンセラーが会員にふさわしいと思われる相手のプロフィールを紹介し、お見合いをセッティングするといった対面型のサービス(仲人業)である。

 従来同社では、自社で募集した会員の情報や、加盟店が獲得した会員の情報は、Excel上で管理し、各加盟店の会員紹介の要望に応じて会員のリスト情報を印刷し、加盟店に郵送していた。より詳細な個人情報が必要な場合は、担当カウンセラー同士が直接情報交換を行う。

 昨今は「婚活ブーム」と言われ、婚活関連サービスを提供する会社はますます激しい競争を繰り広げている。E社の課題はこうした中、加盟店数や会員数が伸び悩んでいたことである。そのため、何かしらの効果的なサービスを加盟店や会員に提供することが求められていた。

 そこで、E社は自社や加盟店が得た会員情報をWeb上で登録・閲覧できるようにし、加盟店間での情報交換を活発化する仕組みを構築することで、サービスの利便性を高め、加盟店数および会員数の増加を図り、かつ成婚率を高めたいと考えていた。

>>次ページ 厳しい予算とセキュリティの両立

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます