開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2010/04/23

日本ラッド、IFRS適用支援サービス提供

日本ラッドは23日、IFRS対応を支援する「IFRS 適用支援サービス」を提供すると発表した。

 2015年度に強制適用される場合、2014年度のIFRSベースの財務諸表に加え、2014年度期首の財政状態計算書が必要になる。IFRSの特徴である原則主義、資産・負債アプローチは、従来の会計基準とは異なるため、対応は多岐に渡る。同社が提供するIFRS 適用支援サービスは、クイック診断サービスとコンサルティングサービスからなる。

 クイック診断サービスは、IFRS対応による影響分析と対応ロードマップを作成する。現在の業務プロセスとIFRS対応の新プロセスを想定。両方を比較することで影響を分析し、課題を明確化、ロードマップを作成するというもの。コンサルティングサービスは、社内基準策定支援と情報システム化構想策定支援を行う。

お勧め記事

IFRS ジャンルのトピックス

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!