開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/11/12

日本ユニシス、クラウドコンピューティング・データセンターを福井県小浜市に構築

日本ユニシスは12日、福井県小浜市に郊外型のデータセンター「クラウドコンピューティング・データセンター」を構築すると発表した。

photo
 日本ユニシスは12日、福井県小浜市に郊外型のデータセンター「クラウドコンピューティング・データセンター」を構築すると発表した。2012年1月稼動を見込む。

 本データセンターの敷地面積は2万平方メートル、延床1700平方メートル、平屋建1棟で最大5棟まで増築可能。床荷重1.5トン毎平方メートルの免震床構造で、事務棟は1200平方メートル。供給電力は標準で2キロボルト平方メートル。

 構築にあたり、福井県および福井県小浜市の産業振興施策などの支援を受けたという。受変電設備、空調設備などのユーティリティサービスは、関西電力のグループ会社、関電エネルギーソリューションから受け、ユニシスはデータセンター施設の維持運営管理を行う。

 小浜市近辺には、関西電力の原子力発電所が多数存在しており、電力の安定供給が見込まれるという。さらに低PUEのデータンセンターで効率的に使用すること、また太陽光発電の導入などによって、CO2排出量の削減も見込んでいるという。

お勧め記事

省エネ ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!