• 2010/11/16 掲載

京セラとKCCS、太陽光発電使った電動自転車の給電システム レンタルやシェアリングで

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
京セラと京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は16日、京セラ製の太陽電池を利用して電動アシスト自転車の充電を行う「ソーラーサイクルステーション」を提供すると発表した。
 「ソーラーサイクルステーション」は、太陽電池で発電した電気を利用して電動アシスト自転車のバッテリーを充電するというもの。充電用の太陽光パネルをフェンスタイプにすることで、従来の屋根付きのものより施工を簡易化、少ない設置スペースでの導入や安価なシステム提供を実現した。

photo
滋賀県東近江市役所での設置事例

 また、曇りや雨、または夜間で発電不足時には自動的に商用電力からまかなう機能を備え、安定的に電力供給が可能になっている。さらに電源を一般のコンセントとして非常時に活用できるという。

 電動アシスト自転車の国内出荷台数は、2008年に原付バイクの国内出荷台数を上回るなど、市場が拡大している。観光地でのレンタルサービスや自転車シェアリングなどの利用も活発化しているが、充電ステーションの整備・拡充が課題になっている。太陽光発電による環境対応をうたうことで、こうした需要を取り込む狙い。

 価格は189万円(工事費別)、KCCSが販売を担当する。KCCSでは年間3億円の売り上げを見込む。

photo
活用イメージ図

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます