開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2010/11/16

京セラとKCCS、太陽光発電使った電動自転車の給電システム レンタルやシェアリングで

京セラと京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は16日、京セラ製の太陽電池を利用して電動アシスト自転車の充電を行う「ソーラーサイクルステーション」を提供すると発表した。

 「ソーラーサイクルステーション」は、太陽電池で発電した電気を利用して電動アシスト自転車のバッテリーを充電するというもの。充電用の太陽光パネルをフェンスタイプにすることで、従来の屋根付きのものより施工を簡易化、少ない設置スペースでの導入や安価なシステム提供を実現した。

photo
滋賀県東近江市役所での設置事例

 また、曇りや雨、または夜間で発電不足時には自動的に商用電力からまかなう機能を備え、安定的に電力供給が可能になっている。さらに電源を一般のコンセントとして非常時に活用できるという。

 電動アシスト自転車の国内出荷台数は、2008年に原付バイクの国内出荷台数を上回るなど、市場が拡大している。観光地でのレンタルサービスや自転車シェアリングなどの利用も活発化しているが、充電ステーションの整備・拡充が課題になっている。太陽光発電による環境対応をうたうことで、こうした需要を取り込む狙い。

 価格は189万円(工事費別)、KCCSが販売を担当する。KCCSでは年間3億円の売り上げを見込む。

photo
活用イメージ図

お勧め記事

省エネ ジャンルのトピックス

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!