開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/11/22

ソニー、DNPに業務用デジタルフォトプリンタ事業を譲渡

ソニーは22日、業務用デジタルフォトプリンタ事業を大日本印刷(以下、DNP)へ譲渡することで両社が合意したと発表した。ただし、医療用途の業務用プリンター事業は今後もソニーで継続する。

photo
写真はソニーのデジタルフォトプリンター「UP-CR10L」
 ソニーは、業務用デジタルフォトプリンタ事業について、全世界で保有する現有の顧客取引をDNPへ承継する。集中と選択を行うことで企業向け事業の競争力を強化する。また、これに伴って、同事業のソニーの一部従業員がDNPへ転籍するという。

 DNPは今回の合意により、ソニーのグローバル規模の顧客取引を承継し、デジタルフォトプリント事業の強化・拡大を図る考え。ソニーが設置した写真即時プリントや証明写真用プリンタ向けに昇華型プリントメディアを従来通り供給する体制を構築するという。

 昇華型プリンタは高品位な画像を再現でき、高い耐久性を持つことから、キオクス端末や証明写真などでの利用が進んでいる。

 各国関連当局の承認などを経て、2011年4月1日に事業譲渡を行う予定。

お勧め記事

3Dプリンタ・プリンタ・複合機 ジャンルのトピックス

3Dプリンタ・プリンタ・複合機 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!