開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/05/17

川崎重工グループ、極地研より南極向けの風力発電装置を受注

川崎重工グループの日本飛行機は17日、国立局地研究所から南極に設置する風力発電装置を受注したと発表した。

 日本飛行機は、航空機メーカーとして培った設計製造技術を生かし独自に縦軸型風車を開発している。オフィスビルの屋上や工場敷地等に設置するのに適し、5kW、10kW、20kWの3タイプがある。

 今回受注したのは、20kWタイプで、寒冷地向けの特別仕様を加えたモデルとなる。本年9月に納入し、11月に南極観測船「しらせ」で南極昭和基地に運ばれ、第53次南極観測隊によって設置、運用される。

 南極昭和基地では、再生可能エネルギー活用と環境保全対策を推進しており、今回この一環で風力エネルギーを利用した風力発電装置を設置し、ディーゼル主発電機系統との連係運転を行うとしている。  

photo
参考画像

お勧め記事

新エネルギー ジャンルのトピックス

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!