開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/08/30

グリー、ゲーム開発パートナーに「Unity」プロライセンスを無償で提供

グリーは30日、ゲーム開発ツール「Unity」を開発、販売するUnity Technologies社と日本におけるエクスクルーシブパートナーとしての包括的業務提携に合意した。

 グリーは、多様なゲームコンテンツの提供を促進するため、本格的なインタラクティブ3Dコンテンツの開発を容易にするオールインワンのゲーム開発ツール「Unity」を開発、販売するUnity Technologies社と、日本におけるエクスクルーシブパートナーとしての包括的業務提携に合意した。

 今回の包括的業務提携で、グリーは、現在有償で配布されている、Android、iOS向けプロフェッショナルライセンスの無償二次配布に関する国内独占権を獲得した。これにより、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」にソーシャルアプリケーションを提供する開発デベロッパーは、「Unity」を利用したAndroid、iOS向けアプリ開発における初期コストを大幅に軽減することが可能になる。

 現在、世界中で50万人以上の開発者が使用する「Unity」は、ゲームエンジンとゲームエディタを統合した開発環境をベースに、PCから、Android、iOS向けといった幅広いプラットフォームに対応し、ワンソース・マルチプラットフォームの開発を可能にするゲームエンジン。

 なお、グリーとUnity Technologies社は、2011年3月に技術提携し、「Unity」で開発するゲームにGREE SDKが提供する機能を簡単に組み込むことが可能になるAndroid向け「Unity Plugin for GREE Android SDK」とiOS向け「Unity Plugin for GREE iOS SDK」を提供している。また、2011年6月には、「Unity」を利用した自社開発のAndroid、iOS向け2Dおよび3Dアプリの開発、提供を表明していた。

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!