開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/09/02

ライブドア、Facebookのアカウントで参加する投稿コミュニケーションサービス「ANKER」をリリース

ライブドアは2日、「Facebook」のアカウントで参加する投稿コミュニケーションサービス「ANKER」をリリースした。

 インターネット事業会社であるライブドアは、「Facebook」のアカウントで参加する投稿コミュニケーションサービス「ANKER」(http://anker.to/)をリリースした。「ANKER」は、質問やテーマの投稿(トピック)に対し、回答や意見を投稿(アンカー)して、コミュニケーションや知識の習得を楽しむサービス。「Facebook コネクト」「Open Graph Protocol」をはじめとしたソーシャルプラットフォームに対応した技術や、身元公開型のCGMの可能性を検証する目的で開発したという。

photo
「ANKER」のトップページ

 従来の投稿サービスとの違いとしては、投稿者の身元や交友関係のようなプライベートな情報を確認できるようになった点がまず挙げられるが、Twitterよりも目的を持った意見の投稿に適している点と、ブログほどの労力はいらずに投稿できる点も大きい。

 また、継続利用やアクティブ利用を促す仕組みとして、「Facebook」の「いいね!」やシェアによってトピックやアンカーを評価する方法を取り入れ、公平性のある「ひとり1票」の評価システムを基盤に、「級位・段位(レベル)」「称号」「ランキング」などのレベルアップや称号が獲得できるゲーム性が加えられた。これは、「Facebook」の「いいね!」やシェアを通じて情報が拡散していく流れを汲んだもので、友達と一緒に投稿や評価を楽しむ事や知らない投稿者の意見を参考にする事を通して、ユーザー自身が成長していくような体験を楽しみながら、自然に「ANKER」の投稿内容が広がっていくことを期待したシステムだという。

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!