開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/11/30

ウイングアーク、iPhone/Android対応のBIダッシュボード「MotionBoard +Mobile」を提供

ウイングアーク テクノロジーズは30日、iPadやiPhone、Android OS搭載のモバイルデバイス、Windows7搭載のスレートPCに対応したダッシュボードソリューション「MotionBoard +Mobile(モーションボード プラスモバイル)」を30日から出荷すると発表した。

 「MotionBoard +Mobile」は、各種BIツールやDWHと連携し、その情報を多様な端末で閲覧したり、分析できるツール。ダッシュボード機能のほか、OLAP分析やチャート分析機能なども備えている。

photo
利用イメージ

 Webサービスと違い、専用のアプリケーションとして各種OSに対応するため、オンラインだけでなく、オフラインでの利用も実現。独自の暗号化技術でクライアント上にキャッシュする。

 また、同社独自の技術「W-IMOテクノロジー(Double In-Memory OLAP)」により、データの仮想統合やクライアント上での高速OLAPを備えることで、ビッグデータ分析などでも活用できるという。同社が提供しているBI製品「Dr.SUM EA」以外の製品との連携も行える。

 現在は医療機関などでMRやMA向けの外出先での情報共有ツールとして、タブレット端末を用いた環境での導入が決まっているという。

 価格は、25ユーザーで600万円(税別、保守費用別)、1CPU単位で1,500万円(同)。

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!