開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/02/08

ソーシャルメディアにおけるなりすましアカウントへの対処法

受験シーズンのまっただ中、ツイッター上で京都大学や立命館大、関西大、明治大などの大学のなりすましアカウントが発見された。大学側が関知していない勝手アカウントながら、試験に関する書き込みがなされていたり、正式なアカウントと誤解しているユーザーが多数購読しているとして問題となっている。メールやブログが普及し始めたときにも企業や著名人の偽アカウントが問題になったが、もし自社の把握していないなりすましアカウントを発見したらどのように対処すればよいのだろうか。

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター、エディター。アスキーの書籍編集から、オライリー・ジャパンを経て、翻訳や執筆、取材などを紙、Webを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは言わなかったが)はUUCPのころから使っている。

あてにできない公式アカウント

 ツイッターやFacebookにおいて、企業名を冠した公式アカウントやブランド名を使ったプロモーションアカウントを利用しているところも少なくないだろう。

 しかし、これらのサービスでは、基本的にアカウントに個人や法人、公式、非公式といった区別をつけていないと思うべきだろう。ツイッターにおいては、認証済みアカウントやサードパーティによる公式アカウントサービスが存在するが、現在、ツイッターでは、認証プログラムは閉鎖されており、認証依頼を受け付けていない

 また、Facebookでは、個人の実名登録が原則であるため、法人名での登録はできない。公式アカウントと呼ばれるものは、アカウントを持っていない担当者が企業や組織の指示、または許可のもとアカウントを取得している形となる。

 SNSの提供事業者が一定のオーソライズを与えてくれるのは、広告と直結したプロモーションページと思えばよいだろう。

なりすましを発見したらどうする?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!