開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/04/10

空港情報通信、成田国際空港でロードバランサ「Radware AppDirector」採用

マクニカネットワークスと日本ラドウェアは、空港情報通信がロードバランサ「Radware AppDirector」を導入したことを発表した。

 マクニカネットワークスと日本ラドウェアは、空港情報通信(成田国際空港内 情報通信センター)に向け、ラドウェア社製ロードバランサ「Radware AppDirector」を提供した。

 成田国際空港内の通信を支える空港情報通信では、空港内テナントに向けたインターネットサービスの基盤に従来よりロードバランサを設置していたが、その運用コストや保守コストの高さが課題となり、ロードバランサのリプレースに至ったという。「Radware AppDirector」の採用ポイントとしては、保守運用コストが低減される点、ライセンス追加により最大4Gbpsまで処理能力を上げられる点、サービス拡張に無停止で対応する点、マクニカネットワークスの提供するトレーニングやオリジナルの日本語マニュアルが用意されている点などが挙げられている。

ロードバランサ・L4-7スイッチ ジャンルのトピックス

ロードバランサ・L4-7スイッチ ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!