• 2012/04/24 掲載

ビッグデータ市場は2011年度で1,900億円、2020年度には1兆円市場に成長

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
矢野経済研究所は24日、国内のビッグデータ市場に関する調査を発表した。
 矢野経済研究所は、国内のビッグデータ市場に関する調査を実施した。調査期間は2011年11月~2012年4月、調査対象および調査方法は、ITベンダーへの直接面談とユーザー企業へのアンケート調査に基づき、同社研究員がシナリオを作成し予測・試算を行った。

photo
ビッグデータ市場規模予測

 現時点では、ビッグデータを分析しマーケティング等に活かすことに注目が集まっており、BIが市場の大部分を占める。2011年度のビッグデータ市場規模は、ソフトウェアライセンス、システム構築、ハードウェア、保守までを含めて1,900億円と推計した。

 しかし、データ分析によって得た情報を事業に活かすことは、技術面・業務面共に困難が多いため、ビッグデータ活用に失敗する企業も増加し、データ分析に対するニーズは限定的な範囲に留まると予測。ビッグデータ市場がデータ分析のみを対象にしていては、今後の成長は限定的となるとした。

 同社では、ビッグデータ市場が成長するシナリオと市場への影響を、短期・中期・長期の3段階に分けて作成した。現在と2020年ではビックデータの位置づけや役割は大きく変わるという。

1)短期(2011年度~):
データ分析を中心に、売上向上、スピード経営を狙った投資が活発化する
2)中期(2015年度頃):
ビッグデータを使い、競争優位を狙う投資が促され業界構造変革につながる
3)長期(2017年度頃):
ビッグデータ技術がスマートシティのインフラに活用されるなど、社会の無駄や余剰の最適化が実現する

 このシナリオ通りに進展すると、2017年度のビッグデータ市場規模は6,300億円に、2020年度には1兆円を超えると予測している。

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます