開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/10/25

OpenFlowはユーザー企業に必要か? ユーザーとベンダーが徹底討論

ITproEXPO 2012

ユーザー企業とベンダが壇上に上がり、いまネットワーク分野で最大の話題となっているSoftware-Defined NetworkとOpenFlowは役に立つのか、どのような課題があるのかについての議論が、先週都内で開催されたイベント「ITpro EXPO 2012」で交わされました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 ユーザー代表として登壇したのは、カブドットコム証券のIT戦略担当 谷口氏と、さくらインターネットでクラウドを担当する大久保氏。ベンダー側としは、NTTデータの馬場氏とブロケードコミュニケーションズシステムズの小宮氏。

 世界中のどこよりも日本が盛り上がっていると言われているOpenFlowのブームは本物なのでしょうか。議論のダイジェストを紹介します。

photo
左から、カブドットコム証券 社長付 IT戦略担当 谷口有近氏、さくらインターネット研究所 上級研究員 大久保修一氏、NTTデータ ビジネスソリューション事業本部 ネットワークソリューションBU 部長 馬場達也氏、ブロケード コミュニケーションズ システムズ Cloud Technology Officer 小宮崇博氏。モデレータは日経BP 日経NETWORK 副編集長 兼 日経コミュニケーション 副編集長 加藤雅浩氏(写真には写っていません)

なぜSDN/OpenFlowに注目しているのか?

谷口氏(カブドットコム証券)■最近は部門の壁を越えてR&Dに近いところで仕事をしています。OpenFlowに夢がある派です。ネットの海をパケットが自律的に動いている、それを実現するためにはSDN(Software-Defined Network)が絶対必要だと思います。

大久保氏(さくらインターネット)■研究所所属ということで、数年後にビジネスのネタになりそうな技術の評価、検証などをしていました。ところがある日突然、社長に呼ばれまして、おまえクラウドの開発をやれということで、さくらのクラウドのネットワーク担当をしています。

 なぜSDNに注目しているかというと、従来使っていたVLANが限界にきていて、数万規模のノードではSDNが必須になってきていると考えるためです。主にハイパーバイザ型のオーバレイ方式ネットワークに注目しています。

馬場氏(NTTデータ)■95年にNTTデータに入社し、現在はエンタープライズ部門でお客様のネットワークの設計、構築、運用などを担当しています。

 なぜOpenFlowに注目したかといえば、ベンダに依存しない標準のネットワーク制御プロトコルだからです。ベンダごとに違う(ネットワーク管理用の)コマンドを覚えたり、大量のVLANを管理するということに疑問を感じていたところに、2009年12月にOpenFlow 1.0が標準化されて、これはいけるのではないか、と思いました。

 そこからコントローラの開発を決意し、リリースまで3年かかりました(OpenFlow対応コントローラの「Hinemos仮想ネットワーク管理オプション」)。

 最近思うのは、コントローラの上位APIは標準化されていないので、せっかくOpenFlowは標準化されているのに、(APIが標準化されないおかげで)結局はベンダロックインになるのか? とか、ファイアウォールやロードバランサの制御もしたいのですが、まだOpenFlowはそこまで行っていない。そういったことです。

小宮氏(ブロケード)■私はブロケードで5年後の技術はどうなるのか、あるいは技術アライアンスなどの面で日本のリードをしています。新規ビジネスの創出や新製品の企画といったことです。

 私がよく考えるのは、1つのトラフィックが生み出す利益を増やすこと、そしてそのトランザクションを増やしていく、こういうところにどうやってSDNが貢献するかということ。あるいはそのためのコスト削減にどう貢献するかということです。

 単位時間に生み出すお金、これを増やすことに現在のOpenFlow/SDNがたどりつけるかというと、まだ現在は難しいかなと思っています。

 いま注目しているのはNorthbound API(一般にOpenFlowやコントローラの上位に置かれるAPIのこと)。そしてITから見たビジネスへのインターフェイスです。こっち側の世界をみなさんと作っていきたいと思っています。

【次ページ】ユーザー企業にOpenFlowは必要か?

その他ネットワーク ジャンルのトピックス

その他ネットワーク ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!