• 2012/12/10 掲載

企業の景況感が悪化、設備投資は大幅下方修正

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
財務省と内閣府は10日、10-12月法人企業景気予測調査の結果を発表した。これによると、大企業の景況判断指数(BSI)はマイナス5.5となり、2期ぶりに悪化に転じた。
 法人企業景気予測調査は、財務省と内閣府が資本金1,000万円以上の企業1万5000社を対象に3か月ごとに調査を行っているもの。

 本調査によれば、10月から12月にかけての景気の現状について、上昇と答えた企業から下降と答えた企業の割合を引いた差は、大企業でマイナス5.5と、2期ぶりに悪化した。製造業はマイナス10.3で、非製造業はマイナス2.9となった。

 中堅企業も下落傾向を示し、中小企業は底ばいとなるなど、全企業規模で下降超となった。日中関係の悪化などによる海外需要減、テレビなど電気機器の不振、不動産賃料の下落などが影響したとみられる。

 先行きで見ると、大企業は2013年4-6月期に「上昇」超に転じる見通しだが、中堅企業、中小企業は「下降」超で推移する見通し。

 また、2012年度の設備投資計画(ソフトウェア含む、土地購入除く)は、前年比4.1%増と前回調査の同9.8%から大幅に下方修正された。内訳でみると、製造業は6.3%(前回15.0%)、非製造業は2.8%(同6.8%)といずれも増加見込みながら増加幅が減少する結果となった。

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます