開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/02/12

囲い庭の中の本<後編> DRMと電子出版物の所有について再考する

電子出版物の利便性とDRMについて

紙の出版物と異なり、電子出版物の利用には多くの場合制約が伴う。利用者の権利を制限する目的で導入されるDRMはそうした制約の最たる存在だ。我々はDRMと共存しながら、電子出版の利便性を享受することができるのだろうか。後編では、前編に引き続き、電子出版物を販売するストア(書店)=「庭」において、DRM(デジタル著作権管理)=「壁」の抱えるジレンマにどのように向きあっているのか紹介し、さらに習慣としてのDRMについて、習慣としての所有について再考する。

高瀬 拓史(たかせ ひろし)

高瀬 拓史(たかせ ひろし)

イースト株式会社勤務。標準フォーマットEPUBを中心に、普及活動を行う。日本電子出版協会「EPUB日本語要求仕様案」、電子出版環境整備事業「EPUB日本語拡張仕様策定」などに関わる。電子出版をテーマとした寄稿やセミナー講師歴も多数。

壁を取り払うというアプローチ

 前編で取り上げた事例では、コンテンツは全てDRMによって暗号化されているものだ。それらはDRMに対応した環境でなければ読むことは不可能であり、そのDRMソリューションが死ぬ時、本もまた運命を共にすることになる。EPUBやPDFといったオープンフォーマットを採用したところで、暗号化されていては独自フォーマットと変わるところはない。これらの本は囲い庭の外の世界を知ることなく生を終える。その上「重いDRM」は高価だ。「軽いDRM」の普及は未知数だ。規模の小さいストアでも導入しやすい安価なDRMが乱立すれば、利用者は狭い庭の中に閉じ込められてしまう。

この記事の続き>>壁を取り払うというアプローチの具体例について

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!