• 会員限定
  • 2013/02/12 掲載

囲い庭の中の本<後編> DRMと電子出版物の所有について再考する

電子出版物の利便性とDRMについて

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
紙の出版物と異なり、電子出版物の利用には多くの場合制約が伴う。利用者の権利を制限する目的で導入されるDRMはそうした制約の最たる存在だ。我々はDRMと共存しながら、電子出版の利便性を享受することができるのだろうか。後編では、前編に引き続き、電子出版物を販売するストア(書店)=「庭」において、DRM(デジタル著作権管理)=「壁」の抱えるジレンマにどのように向きあっているのか紹介し、さらに習慣としてのDRMについて、習慣としての所有について再考する。
高瀬 拓史(たかせ ひろし)

高瀬 拓史(たかせ ひろし)

イースト株式会社勤務。標準フォーマットEPUBを中心に、普及活動を行う。日本電子出版協会「EPUB日本語要求仕様案」、電子出版環境整備事業「EPUB日本語拡張仕様策定」などに関わる。電子出版をテーマとした寄稿やセミナー講師歴も多数。

壁を取り払うというアプローチ

 前編で取り上げた事例では、コンテンツは全てDRMによって暗号化されているものだ。それらはDRMに対応した環境でなければ読むことは不可能であり、そのDRMソリューションが死ぬ時、本もまた運命を共にすることになる。EPUBやPDFといったオープンフォーマットを採用したところで、暗号化されていては独自フォーマットと変わるところはない。これらの本は囲い庭の外の世界を知ることなく生を終える。その上「重いDRM」は高価だ。「軽いDRM」の普及は未知数だ。規模の小さいストアでも導入しやすい安価なDRMが乱立すれば、利用者は狭い庭の中に閉じ込められてしまう。

この記事の続き>>壁を取り払うというアプローチの具体例について

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます