開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/06/13

Interop 2013フォトレポート、100G、SDNの最新技術 FirefoxOS搭載スマホが日本初展示

日本最大級のネットワークのイベント「Interop 2013」が千葉幕張メッセで12日から開催している。弊催されているIMC Tokyoやデジタルサイネージジャパンを含めて、388社が出展している。同イベントは、展示企業のインフラを支えるバックボーンを「Show Net」として公開されていることでも知られている。Show Netの2013年度のテーマは「Go to the next decade」。「(10年後の)2023年の社会を支えるインターネット」と「今(2013年で)使(支)えるインターネット技術」だ。ここでは最新のネットワーク技術を集結したShow Netのツアーの様子を写真でお届けする。

 ツアーのナビゲーターは慶應義塾大学 堀場 勝広氏。堀場氏によれば、今回のShow Netにおける注力ポイントは、まず100Gbpsイーサネットがいよいよコモディティ化してきたこと。ファイアウォールなどのセキュリティ機器でも100Gbpsを監視する体制が一般化してきたという。「広帯域になってもセキュリティの確保は重要」。

 次に、SDN(Software Defined Network)では、世界で始めてOpen Flow 1.3.1に準拠したネットワーク構築を実現。VXLANについても最新のDraft4に対応したという。こうしたネットワークの仮想化技術は「今後2、3年かけて磨きがかかり、これがSDNというものが決まってくる」(堀場氏)。運用管理の視点からは、「今までとは異なったオペレーションスタイル。5年くらいかけて確立されるのではないか」とした。

 もう1つ特徴的なのがデータセンターにおけるBGPの活用を模したことだ。今年のShowNetデータセンターネットワークでは、サーバを収容するToR(Top of Rack)まで、通常はISP間の経路交換プロトコルとして利用される「BGP」を用いて、マルチベンダ環境におけるレイヤ3 spine-leafネットワークの構築に挑戦した。

 そのほか、無線LANについては、いわばきれいな無線環境を構築することがポイントだった。基地局を100台程度用意し、適切な基地局密度を保ちつつ、マイクロセルを形成した。また、しきい値以下の電波強度の場合はクライアントを排除するなど、キックアウトすることで品質の向上を図った。さらには、電波干渉を避けるチャネルの割当を行ったり、あえてぶつけるチャネル割当を行うことで、分散化と均一化のバランスを考慮した。

 さらには、無線LANの3点測位によって一特定を実施。さまざまなスマートフォンアプリと連携して、O2O分野にも活用可能な技術をお披露目した。

 それでは以下、フォトレポート形式でお届けしよう。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
photo

ルータ・スイッチ ジャンルのトピックス

ルータ・スイッチ ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!