開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2016/06/01

企業向け無線LAN・ルーター・スイッチ市場シェア、3分野すべてでトップの企業はシスコ

企業向けルーター、企業向けイーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器からなる2015年の国内企業向けネットワーク機器市場は、前年比成長率5.6%、2,131億円となった。中でも企業向け無線LAN機器市場は高い成長を続けており、9.3%と大幅な伸びになった。

photo
国内企業向けネットワーク機器市場 支出額予測、2014年~2020年

 IDC Japanは1日、国内企業向けネットワーク機器市場の2015年実績と予測を発表した。

 2015年の国内企業向けネットワーク機器市場は、前年比成長率5.6%で増加し、市場規模は2,131億800万円になった。

 2015年の成長は、データセンター向けイーサネットスイッチ需要の増加と、企業における無線LANの継続的な利用拡大がけん引したという。

 製品分野別の成長率を見ると、データセンター向け需要がけん引した企業向けイーサネットスイッチ市場は、前年比成長率6.3%で成長した。

 また、企業向け無線LAN機器市場も依然として高い成長を続けており、2015年も9.3%と大きく伸びたという。  2015年の国内企業向けネットワーク機器市場をベンダーシェアの視点から見ると、シスコシステムズが、3つの製品分野すべてにおいて首位を獲得し、同市場全体でのシェアは47.8%に達した。

 各製品分野ではシスコシステムズに対抗し得るベンダーは存在するものの、企業向けネットワーク機器市場全体では、製品や事業ポートフォリオの総合力で抜きんでた存在で、同社の国内企業ネットワークにおける浸透度の高さと、製品ポートフォリオの充実度が、改めて強く意識される結果になったとIDCは指摘している。

 今後の国内企業向けネットワーク機器市場について、大きな成長は見込みにくいものの安定した市場であるとIDCでは分析。

 国内企業向けネットワーク機器市場全体の2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR)は0.7%で、2020年の市場規模は、2015年とほとんど変わらず、2,203億7,800万円と予測している。

 製品分野別で見ても、同期間の企業向けイーサネットスイッチ市場のCAGRは0.9%、同じく企業向けルーター市場はマイナス1.1%、企業向け無線LAN機器市場については2.3%と予測した。

 国内企業向けネットワーク機器市場は、全般的には低成長市場であるが、局所的、限定的には成長領域が残されているという。

 たとえば、IoT(Internet of Things)に代表されるようなPC、サーバー、ネットワーク機器以外のNon-ITデバイスのネットワーク接続の増加は、企業向けネットワーク機器市場の新たなけん引役として期待されている。

 企業向けイーサネットスイッチ市場においては「IoT向けソリューションの最初の一歩は、Non-ITデバイスのネットワーク接続に適した設定、運用管理機能の強化である。その際に最も留意すべき点は、イーサネットスイッチベンダーが想像する以上に設定機能を簡易にし、工事者や運用管理者の作業を極限までシンプルにすることである」とIDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野 賢一氏は述べている。

 今回の発表はIDCが発行した「国内企業向けネットワーク機器市場予測、2016年~2020年:ルーター、イーサネットスイッチ、無線LAN機器」(JPJ40592216)にその詳細が報告されている。

 本レポートでは、国内の企業向けルーター、企業向けイーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器2020年までの市場規模を予測。また、「国内企業向けネットワーク機器市場シェア、2015年: ルーター、イーサネットスイッチ、無線LAN機器」(JPJ40592316)では、2015年の企業向けネットワーク機器市場におけるベンダーシェアとベンダー動向を分析している。

関連記事

ルータ・スイッチ ジャンルのトピックス

ルータ・スイッチ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!