開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/10/16

日本オラクル、クラウド型ソーシャルメディア管理アプリケーションを提供開始

日本オラクルは、クラウド型ソーシャルメディア管理アプリケーション「Oracle Social Relationship Management(オラクル・ソーシャル・リレーションシップ・マネジメント)」を16日から国内提供開始することを発表した。

 「Oracle Social Relationship Management」は、ソーシャルメディアを通じた企業と顧客とのコミュニケーションを支援するクラウド型アプリケーション。これを活用することで、企業はFacebookやTwitter、Google+のソーシャルメディア・チャネルを通じて自社のブランドや製品のファンの増加、そのファンとの良好な関係を維持することができ、カスタマー・エクスペリエンス向上を実現できるという。

 このアプリケーションが提供する主な機能は以下の通り。

●「Social Marketing(ソーシャル・マーケティング)」
 企業の持つ複数のソーシャルメディア・アカウントを統合的に管理し、適切なチャネルを選択して計画的な投稿を行う。ソーシャルメディア上でキャンペーンを行うためのアプリケーションを簡単な操作で作成し、実行することが可能。また、実行した投稿に対する反応、ファン数の推移やキャンペーンの効果などを分析し、レポートする機能を提供する。

●「Social Engagement and Monitoring(ソーシャル・エンゲージメント・アンド・モニタリング)」
 ソーシャルメディア上のデータを収集し、チャネルを横断して自社ブランド、製品や競合に対する顧客の声をモニタリングする。自社に関するコメントや投稿を分析し、市場における消費者の認識を把握し、マーケティング活動に役立てることが可能。また、対応が必要な投稿を、担当部署にアサインすることで適切な対応を実現し、カスタマー・エクスペリエンス向上を支援する。

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!