開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/11/27

ウェアラブルやM2Mが高成長、2018年度までのIT主要市場規模とトレンド-NRI発表

野村総合研究所(以下、NRI)は27日、2018年度までの国内を中心とするICT(情報通信技術)主要4市場=「デバイス市場」「ネットワーク市場」「プラットフォーム市場」「コンテンツ配信市場」について、動向分析と規模の予測を行い、その内容を発表した。

 現在のICT市場は、多くの分野で成熟期を迎える一方で、スマートフォンやタブレット端末に代表される新世代ハードウェアの普及、それに伴うコンテンツ配信市場やソーシャルメディアの成長と一部既存市場の衰退、ウェアラブル端末やM2Mによる新たな市場の形成など、さまざまな構造変化が起きている。

 技術の進化や新たな端末の登場・普及により、生活者のライフスタイルには、さまざまな場面で変化がもたらされている。一方、企業は各市場分野において、どのような変化が起きているかを見極めた上で、適切かつ迅速に対応することが必要とされている。

 以下は、「デバイス市場」6分野、「ネットワーク市場」5分野、「プラットフォーム市場」4分野、「コンテンツ配信市場」5分野についての国内のICT市場規模予測と各分野のトレンドとなる。

photo
国内のICT市場規模予測(一部世界市場を含む)

【デバイス市場】
 全世界の携帯電話(スマートフォンを含む)端末の販売台数は、新興国での急速な普及と、一人複数台の契約増加によって、2013年度の18億台から2018年度には21億台に成長すると予測。また、スマートフォンは、デジタルカメラや車載情報端末など、多くの専用端末市場を取り込みつつあるという。

 タブレット・電子書籍専用端末市場は、既存のノートパソコン、デスクトップパソコンの代替、および電子書籍端末としての需要増により、全世界での販売台数が、2013年度の2億台から2018年度には2.9億台に成長すると予測した。

 特に、市場の成長は、主に中国、インド、東南アジア、東欧、中南米、中東、アフリカなどで経済成長の波に乗った国にけん引されるという。スマートフォン同様に、アップル、グーグル、マイクロソフトなど、米国企業が先導しているが、中国メーカーも低価格端末を開発して、積極的に参入している。

 ウェアラブル端末は、2018年度には国内で年間475万台の販売が見込まれており、携帯電話やタブレット端末と異なる、新たな端末市場の形成に注目が集まっている。メガネ型のスマートグラス、腕時計型のスマートウオッチ腕や服などに身につけ健康管理を行うモバイルヘルスケア端末など、さまざまな端末がこれからも登場するとみられている。


この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ウェアラブル ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!