開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2016/06/07

富士通、Office 365向けSDNソリューションを開発 A10のThunder活用

富士通ネットワークソリューションズ(以下、FNETS)は7日、A10ネットワークスの「Thunderシリーズ」のクラウドプロキシソリューションと連携し制御することで、Microsoft Office 365の快適な利用を実現するSDN(Software Defined Network)ソリューションを開発し、提供を開始すると発表した。

 本ソリューションは、富士通のSDNコントローラである、「FUJITSU Network VELCOUN-X(フジツウ ネットワーク ベルクーン エックス、VELCOUN-X)」とA10のThunderシリーズおよびFNETSのSDNアプリケーションを組み合わせたもの。

 Office 365などのクラウド上でアプリケーションを利用する際、1人のユーザーが大量のセッションを同時利用するため、通信負荷がプロキシサーバに集中し、トラフィックの増加、サーバ、ネットワークのパフォーマンスが低下するといった通信負荷課題があった。

 A10のThunderシリーズが提供するクラウドプロキシソリューションを用いることで、登録したURLリストをキーとしてクラウド上のアプリケーションのトラフィックを認識し、通信負荷の軽減を可能にした。

photo

photo

 また、Office 365は不定期にドメインの更新が行われるため、管理者は日々更新の有無を確認し、URLリストの変更作業を行うといった運用負荷課題があったが、今回新たにFNETSが提供するSDNソリューションにより、ドメインの更新状況を確認し、更新があった場合にはA10のThunderシリーズの設定を自動化することで、運用負荷の軽減も実現した。

 FNETSでは今後、A10のThunderシリーズの持つファイアウォール機能やDDoS防御機能などのセキュリティ機能とVELCOUN-Xを自動連携させたSDNソリューションを展開する予定という。

関連記事

電子メール ジャンルのトピックス

電子メール ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!