開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2021/04/01

Slackアプリおすすめ14選、ZoomやTeamsなどでの自動化&業務効率化の方法

Slackは単体で使っても便利なチャットツールだが、ZoomやTeams、Boxなどの他のツールと連携することで、仕事の効率を大幅に上げることができる。そして、これらのツールとの連携はアプリという形で提供されている。会社によっては、アプリの導入を管理者に依頼しないといけない場合もあるが、仕事の効率化を期待できるものがあれば担当者に申請してみよう。本稿では、Slackアプリにおすすめ人気ツール14選を紹介する。

構成・監修:時田信太朗

構成・監修:時田信太朗

テック系編集者/メディア・コンサルタント
外資系ITベンダーでエンジニアを経てSBクリエイティブで編集記者、スマートキャンプでボクシル編集長を歴任。2019年からフリーランスで活動。メディアコンサルタントとしてメディア企画プロデュース・運営に携わる。

画像
Slackをさまざまなツールと連携することで業務効率化が可能となる
(Photo/Getty Images)

Slackとは

 Slackとは、ビジネス用のチャットツールで「特にITエンジニアの間でよく使われている」という点が大きな特徴だ。通常のチャットはそのまま使えるが、高度な使い方をしようとするとコマンドベースのため、慣れないうちは難しいと感じるかもしれない。しかし、ITエンジニアを魅了するようなさまざまな機能が備わっており、多くのWebサービスやWebツールと連携できる。

 よく利用しているサービスやツールをSlackのアプリとして連携させ、通知や操作をSlackからできるようにすると、すべてがSlackにまとまり効率化につながる。Slackの基本的な使い方については、次の記事にまとめているので一読してほしい。


Slackアプリの選び方、3つのポイント

 Slackではアプリの追加という形でさまざまなクラウドサービスと連携が可能だ。そのアプリを選ぶときは次の3つのポイントを押さえよう。

・業務効率化に役立ちそうなアプリを選ぶ
 Slackと連携することで、業務が効率化しそうなものを選ぶのが基本だ。たとえば、タスク管理ツールやプロジェクト管理ツールは、Slackと相性のいいツールと言える。

 仕事を進めながらSlackでコミュニケーションを取るのと同じ感覚で、タスクの追加や完了などの操作を行える。タスク管理やプロジェクト管理の進捗報告も、いちいちExcelのファイルを開けるのではなく、Slackから進捗を入力すれば反映される。

 スケジュール管理関連ツールも有用だろう。チャットの会話で発生した予定もすぐにコマンド入力でスケジュールの登録が可能だ。

・普段利用しているWebサービスを選ぶ
 普段利用しているWebサービスを選ぶのもおすすめだ。ファイル共有サービスや、プログラム開発者なら利用することの多いGitHubのような構成管理サービスは、候補の一つだろう。電子メールも、Slackから新着を確認できると見落としがない。

 詳細は後述するが、プランによってはSlackで利用できる連携アプリの数に制限があるので、どのサービスを連携アプリとするかはじっくりと検討したい。

・コミュニケーションの円滑化に使えそうなアプリを選ぶ
 テレワークに役立つWeb会議アプリのように、コミュニケーションの円滑化に使えそうなアプリもおすすめだ。たとえば、ZoomやMicrosoft Teamsといったツールを採用している企業も多い。どちらも、Slackを通して会議の開催通知を流したり、Web会議へ即参加することも可能だ。

【次ページ】業務効率化に役立つSlackアプリ14選

電子メール・チャット ジャンルのトピックス

電子メール・チャット ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!