ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年08月14日

IBMとソニー、磁気テープの記録密度で新記録 カートリッジ1つで330テラバイト相当

IBMは、ソニーストレージメディアソリューションズ株式会社が開発したスパッタリング磁気テープの試作品を用いて、磁気テープの記録密度の新記録となる1インチあたり201ギガビットを達成したことを発表しました。

執筆:Publickey 新野淳一

 「少なくとも今後10年にわたって、カートリッジあたりの容量を2年ごとに倍増させる可能性が示せた」(IBM Research Mark Lantz博士)。

 1インチあたり201ギガビットという記録密度は、磁気テープのカートリッジひとつで330テラバイトの情報が非圧縮の状態で保存できることに相当します(つまり3倍ちょっと圧縮すれば、カートリッジひとつ分の論理容量が1ペタバイトになるということです)。

photo

1カートリッジで330TB相当のデータ密度を実現。今後10年、磁気テープが進化する可能性を示せたと、IBM Research Mark Lantz博士


ストレージ ジャンルのセミナー

一覧へ

ストレージ ジャンルのトピックス

一覧へ

ストレージ ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

新野淳一 IBM ソニー

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング