• 会員限定
  • 2018/05/14 掲載

日本の経営者、デジタル人材の獲得に懸念も施策の実施には消極的

記事をお気に入りリストに登録することができます。
PwC Japanグループは2月、「第21回世界CEO意識調査」の日本の調査結果を発表した。これは、2018年1月にPwCグローバルが発表した調査から、日本企業の最高経営責任者(CEO)123名の回答に焦点を当て、世界全体や他地域と比較を行い、日本企業が置かれている状況や今後の課題について考察している。調査では、日本がデジタル人材の獲得施策に消極的な面を示している。
photo
CEOの考えにも「お国柄」がある
(©takasu – Fotolia)

世界経済の成長、自社の成長に対する自信がともに前年より増加

 調査結果によると、今後12カ月間で世界経済の成長が「改善する」と回答した日本のCEOは38%で、2017年の11%の3倍以上の水準となった。

 世界全体でも2017年の29%の2倍の水準となる57%に改善しており、日本のCEOの世界経済に対する見方は、世界のCEOと同様に大幅に上昇していることが分かった(図1)。

画像
図1:今後12カ月で世界経済が「改善する」と回答した割合
(出典:PwC Japan 報道発表)


 今後12カ月間の自社の成長に対する自信については、「非常に自信がある」と回答した日本のCEOは24%で、昨年の14%を10ポイント上回った。

 世界全体においても、昨年の38%を4ポイント上回る42%に改善しており、日本のCEOの自社の成長に対する自信も、世界のCEOと同様に上昇していることが読み取れるとしている(図2)。

画像
図2:今後12カ月間の自社の成長に「非常に自信がある」と回答した割合
(出典:PwC Japan 報道発表)


日本のCEOが重視する国とは

 日本のCEOが、今後自社が成長する上で重要視する上位3カ国は、「米国」(67%)、「中国」(61%)、「タイ」(20%)で、昨年の米国61%、中国58%、タイ17%と同様の結果となった。

 世界全体でも、1位米国(46%:昨年43%)、2位中国(33%:昨年33%)で、米国と中国が上位2カ国を占めており、日本のCEOが米国と中国を重視する傾向は、世界のCEOと同様に強まっていることが分かった。

【次ページ】デジタル人材の獲得、うまくいっている国は

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます