ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2022/11/21 掲載

イーロン・マスクの買収でTwitterに巣食う「サイバープロパガンダ」はどうなる?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
紆余曲折の末、ツイッター社は米実業家イーロン・マスク氏によって買収された。さっそく取締役の解雇や公式マークへの課金、エンジニアや広報スタッフの解雇といったニュースが流れた。一連の騒動は不正確な情報も多い。本当ならさすがに米国でも不当解雇の訴訟問題になるレベルだ。マスク氏によるTwitter改革は始まったばかりで、結果を評価できる段階にないが、サイバーセキュリティの観点で注意点や影響を考えてみたい。

執筆:フリーランスライター 中尾真二

執筆:フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター、エディター。アスキーの書籍編集から、オライリー・ジャパンを経て、翻訳や執筆、取材などを紙、Webを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは言わなかったが)はUUCPのころから使っている。

photo
「サイバープロパガンダ」に利用されていたTwitterは変わるのか?
(写真:ロイター/アフロ)

サイバープロパガンダツールとしてのTwitterの悪用

 最初に断っておきたいのは、イーロン・マスク氏によるツイッター社買収の是非や効果・影響について、筆者自身は評価・判断を保留している。本人のツイートなどからは「(Twitterを)自由な言論の場にすること」が買収の動機と判断できる。

 だが、通常のビジネスでは巨額の買収の動機にはなりにくいものだ。本当の目的は何か? また、本人は純粋に「自由な言論の場」を作りたいと思っての行動(マスク氏ならありそうではあるが)だとしても、本当にそうなるかはまた別の話だ。

 マスク氏のツイッター改革は現在進行形で、状況はめまぐるしく動いている。スナップショットの評価はできても、全体の是非や結果を評価できる状態ではない。CNBCやNewYork Timesが偽解雇者のインタビュー記事を報道しているように、確実な情報が少ない。また、アカウントポリシーやフィードアルゴリズムもたびたび変更している状態なので、ツイート情報の利用にも注意が必要だ。

 さて、本稿で取り上げたいのは、イーロン・マスク氏による買収と経営方針変更が、SNSやメディアとしてのTwitterに与える影響、特にサイバーセキュリティにおける影響だ。Twitterは国家支援型の「サイバープロパガンダ」に利用されていることが、以前から問題になっていた。

 マスク氏による買収の目的は「自由な言論の場」の確立と本人が述べている。Twitterの恣意的なトレンド操作の是正、不当・不透明なアカウント凍結・シャドウバン(強制非表示)といった問題へも対応するとされている。

 ツイッター社が組織的に特定国家や勢力と結託して、フェイクニュースやプロパガンダ工作を行っている事実は確認されていない。だが、同社の広告ツイートのポリシー、モデレートやキュレーションの方法、拡散アルゴリズムを利用(abuse:悪用)したサイバープロパガンダは、複数のセキュリティベンダー、研究者が報告している。

構造的にエコーチャンバー現象が避けられないSNS

画像
買収後も変わらずイーロン・マスク氏は積極的にツイートし続けている

 サイバープロパガンダの基本手法は、ソーシャルネットワークやソーシャルメディアの拡散アルゴリズムとエコーチャンバー現象を利用する。

 エコーチャンバー現象とは、閉じた空間では類似の意見がエコーのように反射・増幅され、対立意見などがかき消されてしまうことを指す。SNSなどでは、特定のリンクやフィルタ、あるいはレコメンドアルゴリズムによって、自分が賛同する意見や都合の良い意見ばかりタイムラインに表示されるようになる。洗脳やプロパガンダツールとして利用されやすい。

 また、SNS運営側の広告やアドネットワークの悪用も考えられる。作為的なキュレーション、表示アルゴリズムの操作が可能なら、フェイクニュースを効果的に世界中に拡散させることが可能になる。このような「世論操作」は、選挙前後に政党や候補者から委託された代理店が候補者のアピール、政策流布のために行うものから、特定勢力・特定国家を貶める工作に利用される場合までさまざまなレベルが存在する。

 もちろん、候補者のリアルな活動を広報する目的でSNSを利用することが即違法になるとは限らない。しかし、情報そのものがフェイクでもなく問題のない政治活動、社会貢献だとしても、その拡散方法に多額の広告費やグレーなSEO的アルゴリズムが入ることには議論が必要かもしれない。背景に国家や警察組織といった法執行機関がかかわる場合は、透明性と慎重な議論が不可欠だ。フェイクニュースや偽情報に至っては議論するまでもない。

【次ページ】最小の人員で大衆を「効率よく扇動」する仕組み

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます