• 2024/02/20 掲載

アサヒ、サッポロは「撤退」=ストロング系酎ハイに逆風―飲酒ガイドライン

時事通信社

photo
  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。


「ストロング系」と呼ばれるアルコール度数の高い缶酎ハイに逆風が吹いている。手軽に酔えるとブームになったが、消費者の健康志向の高まりに加え、厚生労働省が19日、適量の飲酒を呼び掛ける指針を決定。アサヒビールとサッポロビールが「撤退」を表明するなどメーカーは対応を迫られている。

アサヒは、「セブン―イレブン」で限定販売している商品を除き、アルコール度数8度以上の缶酎ハイを発売しないと決めた。健康意識の高い消費者らをターゲットに3.5度以下の酒類の割合を増やす方針だ。9度の「超男梅サワー」を販売しているサッポロも今後8度以上の商品については発売しない。

一方、ストロング系の売れ筋「-(マイナス)196℃ストロングゼロ」シリーズを展開するサントリーは販売を継続。「氷結ストロング」のキリンビールも「今後の方針は検討中」とし、撤退までは踏み込んでいない。ただ、「アルコール問題に世界で関心が強まっている」(新浪剛史サントリーホールディングス社長)中、両社は適正飲酒を働き掛けるセミナーの開催など啓発活動で、健康障害の低減に取り組む考えだ。

厚労省指針は、生活習慣病リスクを高める純アルコール量の参考値として「男性1日当たり40グラム以上、女性20グラム以上」と明記した。9度の缶酎ハイの場合、350ミリリットルで25.2グラムを摂取する計算で、女性は1缶で参考値を超過する。

調査会社インテージによると、酎ハイ市場で8度以上の構成比は2017年に金額ベースで4割超に上った。しかし、23年には25%程度に低下。担当者は「健康上の懸念が背景にある」と指摘している。

【時事通信社】 〔写真説明〕ビール大手各社の「ストロング系」缶酎ハイ=19日午後、東京都千代田区

関連タグ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます