• 2024/07/11 掲載

午前の日経平均は続伸、初の4万2000円台 主力株買われる

ロイター

photo
  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
Mayu Sakoda

[東京 11日 ロイター] - 午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比347円85銭高の4万2179円84銭と、続伸した。日経平均は連日の史上最高値更新、初の4万2000円台乗せとなった。前日の米国株高を好感する形で幅広いセクターで買いが先行し、特に指数寄与度の高い半導体関連株や主力銘柄が堅調に推移した。東証株価指数(TOPIX)も連日の史上最高値更新となった。

日経平均は511円高でスタート。寄り付きで史上初の4万2000円台乗せとなった。その後594円高の4万2426円77銭で高値をつけた後は、上げ幅を縮小しもみ合いとなった。短期的な過熱感や高値警戒感が意識されたほか、時間外取引での米株先物3指数が揃って下落したことが重しとなった。

主力株では、ファーストリテイリング、東京エレクトロン、ソフトバンクグループなどの指数寄与度の高い銘柄がしっかり。3銘柄で日経平均を約126円押し上げた。そのほか、ソニーグループ、第一三共もしっかり。半面、メルカリが5%超安、フジクラ、三菱重工業は2─3%超安。アドバンテストは小幅安だった。

前日に決算を発表した銘柄は高安まちまち。トレジャー・ファクトリーが東証プライム市場の値上がり率第2位、吉野家ホールディングス、サイゼリヤは5─7%超安と大幅安だった。

岩井コスモ証券の有沢正一投資調査部部長は、このところの株高は海外勢の資金流入が影響しているとみている。「足元は循環的な物色が中心だが、中でも主力の大型株やハイテク銘柄が強くなっている」といい、決算発表で好業績を確認できるとの期待で、海外勢の買いが戻ってきていると話す。

TOPIXは0.66%高の2928.30ポイントで午前の取引を終了した。連日の史上最高値更新となった。東証プライム市場の売買代金は2兆3947億2300万円だった。東証33業種では、パルプ・紙、金属製品、医薬品、陸運、鉱業など29業種が値上がり、保険、証券など3業種は値下がりした。

東証プライム市場の騰落数は、値上がりが1239銘柄(75%)、値下がりは353銘柄(21%)、変わらずは52銘柄(3%)だった。

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます