開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/10/21

JR東、17路線終電繰り上げ=来春、最大37分―沿線の飲食店は懸念

時事通信社

photo



JR東日本は21日、2021年春のダイヤ改正で首都圏在来線の終電を最大37分繰り上げると発表した。山手線で20分程度早めるなど17路線で終電を繰り上げ、5路線で始発を遅らせる。同社によると、平日で約2万人に影響が出る。夜間の保守・点検時間を確保する狙いで、新型コロナウイルス流行に伴う深夜の乗客減も考慮した。一方、飲食店には懸念の声が出ている。

一律に終電時間を繰り上げるのは1987年のJR東発足以来初めて。今回発表の対象は都心発の山手線、京浜東北線、中央線など。主要路線で終電時間を3~37分繰り上げ、午前1時すぎには全ての列車が運行を終える。深夜の利用が増える金曜日は必要に応じ臨時列車を運行する。

【時事通信社】 〔写真説明〕多くの利用客で混雑するJR東京駅の在来線ホーム=9月4日、東京都千代田区

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!