開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/11/26

ユーロ圏住宅価格、政府支援策期限切れで見通し悪化=ECB

ロイター

[フランクフルト 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は25日、ユーロ圏の住宅価格について、今年上半期は各国政府の支援策で新型コロナウイルス禍による影響をよく耐えたが、支援策の期限切れで先行き見通しは悪化しているとし、検証が必要との見解を示した。

ユーロ圏では、新型ウイルス感染拡大の第1波を受けて各国政府が住宅ローン返済猶予や雇用保護などの対策を導入したことで、上半期の住宅価格は5%上昇した。

ただECBは、政府支援策が期限切れを迎える中、先行き見通しはそれほど明るくないと指摘。「国内総生産(GDP)、消費者信頼感、雇用見通しの悪化が住宅用不動産価格の重しになる可能性がある」とした。

ECBはこのほか、政府債務の増大にも懸念を表明。特に南欧諸国の状況が懸念されるとした。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!