開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/02/26

西友、レタス植物工場を都内店舗に開設

西友

photo

合同会社西友(東京都北区、社長兼最高経営責任者 リオネル・デスクリー、以下西友)とLEAFRU株式会社(東京都中央区、代表者 湯川 敦之、以下 LEAFRU)は、西友大森店(東京都品川区)に西友では都内初となる「店内植物工場」を開設、3月5日より水耕栽培レタスの販売を開始いたします。

西友では、植物工場の運営・野菜の卸売り販売を手掛けるLEAFRUと共同で、西友店内に店内植物工場の導入を進めています。安心・安全、産地からの距離が近く鮮度が高い野菜へのお客様のニーズは高く、西友はこのようなニーズにお応えするために、昨年2月に、1号店として西友上福岡店(埼玉県ふじみ野市)にレタスを栽培する店内植物工場を導入いたしました。お客様からは「鮮度が良い」「価格が安定している」など好評を博しておりましたが、コロナ禍において、「安心・安全な衛生管理と無農薬(*)栽培」という特長により、一層の人気となっております。このような背景のもと、上福岡店での運用ノウハウを踏まえて、今回、2店舗目となる店内植物工場を西友大森店に開設いたします。

大森店では、5階の専門店のフロアに、水耕栽培装置を設置し、専任のスタッフが「種まき」「育苗」「収穫」までの作業を担います。毎日収穫、個包装されたレタスは、衛生状態が保たれた状態で地下1階の野菜売場に並びます。栽培するのはレタスを定番とし、他品種の葉物野菜も試験的に栽培する計画です。なお、大森店で収穫されたレタスは、近隣の西友店舗26店舗でも販売され、同店は、都内地産地消を実現する出荷拠点としての役割も担います。

(*)栽培期間中は農薬不使用

西友では、店内植物工場は鮮度や安心安全の提供だけでなく、店舗売場スペースの新たな有効活用策の担い手と考えており、上福岡店、大森店に続き、さらなる店内植物工場の拡大を今後進める予定です。

西友は、お客様のニーズに合う商品の提供とお買い物の場の効果的な活用で、引き続きより良い売場作りを目指してまいります。

プレスリリース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!