開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/06/13

東芝が臨時取締役会=調査報告書への対応議論

時事通信社

photo



東芝は13日、昨年の定時株主総会をめぐり外部弁護士が「公正に運営されたものとはいえない」とする調査報告書を公表したことを受け、臨時取締役会を開いた。報告書への対応策に加え、25日に開催予定の株主総会に諮る13人の取締役選任議案の扱いについても議論したとみられる。

10日に公表された報告書では、昨年7月の総会で、東芝が経済産業省と一体となって「物言う株主」の権利行使を妨げようと「不当な影響」を与えたと指摘。問題の原因の一端として、東芝監査委員会の機能不全を挙げた。

これに対し、東芝の社外取締役4人が連名で「深く憂慮させられた」との声明を出し、議案への異議を表明。米議決権行使助言会社グラスルイスも、監査委員会委員長を務める太田順司社外取締役を含む5人の再任に反対を推奨した。

また、関係者によると、大株主の3Dインベストメント・パートナーズが社外取締役の永山治取締役会議長ら4人の辞任を求めていることも13日、分かった。

【時事通信社】 〔写真説明〕

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!