• 2021/06/18 掲載

インド独禁法調査再開に異議、フリップカートとアマゾン

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。
[ニューデリー 17日 ロイター] - 米小売大手ウォルマート傘下のインドのインターネット通販フリップカートと米アマゾン・ドット・コムは、独禁法当局のインド競争委員会による商慣行調査の再開に異議を申し立てた。関係筋の話やロイターが確認した裁判所資料で明らかになった。

インド競争委は昨年1月、両社が電子商取引プラットフォームで一部の販売業者を優遇するとともに、大幅な値引きで競争を阻害しているとの訴えを受け、調査を開始した。

両社は不正を否定し、調査開始後すぐに異議を申し立てたため、1年余りにわたり調査が停滞していた。ただ、南部カルナタカ州の高裁は先週、両社の訴えを退け、調査再開が可能との判断を示した。

フリップカートは今月16日に再び上訴し、高裁の判断は誤りで、保留にする必要があると主張した。

ロイターが確認したフリップカートの訴状は「現行の上訴の判決を待つ間に調査が進められれば、原告側に取り返しのつかない損害が生じる」と主張。競争委の当初の調査指示の無効化も求めている。

関係筋2人によると、アマゾンも同様に上訴した。

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます