開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/06/25

東京マーケット・サマリー(25日)

ロイター

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 110.74/76 1.1946/50 132.31/35

NY午後5時 110.86/89 1.1930/34 132.26/30

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べて小幅ドル安/円高の110円後半だった。実需の買いに支えられ110.99円まで上昇したものの、米長期金利が伸び悩んだため111円台には乗せなかった。海外時間に重要な米インフレ指標の発表を控え、午後は様子見ムードが広がる中でドルは若干の調整売りに押された。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き 安値/高値

日経平均 29066.18 +190.95 29137.30 28992.74─29174.17

TOPIX 1962.65 +15.55 1963.85 1955.17─1965.32

東証出来高(万株) 90426 東証売買代金(億円) 21422.45

東京株式市場で日経平均は続伸して取引を終えた。米国株式市場の上昇を好感して幅広く物色され、終値としては6営業日ぶりに2万9000円台を回復した。ただ、週末とあって後半は模様眺めムードが強くなり商いも細った。

東証1部の騰落数は、値上がり1595銘柄に対し、値下がりが504銘柄、変わらずが94銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.029%

ユーロ円金先(21年9月限) ───

安値─高値 0.000─0.000

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.029%になった。前営業日(マイナス0.028%)をやや下回った。「3日積みにもかかわらず前日よりもレートが下がるなど、調達ニーズが落ち着いてきている」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

<円債市場> 

国債先物・21年9月限 151.72 (+0.07)

安値─高値 151.66─151.73

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.045% (-0.005)

安値─高値 0.050─0.045%

国債先物中心限月9月限は前営業日比7銭高の151円72銭となり、反発して引けた。手掛かり材料に乏しい中、買いが優勢となった。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比0.5bp低下の0.045%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 -0.08─0.01

3年物 0.02─-0.07

4年物 0.03─-0.07

5年物 0.03─-0.06

7年物 0.06─-0.03

10年物 0.13─0.03

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!