開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/09/27

ディーカレット、新たな暗号資産として「クアンタム(QTUM)」の取扱いを開始

ディーカレット

photo

 株式会社ディーカレット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:時田 一広、以下:当社)は、2021年9月29日(水)より、新たな暗号資産としてクアンタム(QTUM)の取扱いを開始することをお知らせいたします。

■取扱概要

・銘柄名:Qtum(クアンタム)

・ティッカー:QTUM

・取扱いペア:QTUM/JPY

・取扱い開始日時:2021年9月29日(水)13:00頃(メンテナンス終了後)

・対象サービス:現物取引(取引所) 購入・売却

※現物取引(取引所)のみでの取扱いです

※メンテナンス作業の進捗により、取扱い開始(メンテナンス終了)時刻は前後する可能性がございます

【Qtum(クアンタム)とは】

 クアンタム(QTUM)とは、2016年12月に公開されたオープンソースのブロックチェーンプロジェクトです。ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の長所を併せ持ち、かつブロックチェーンプラットフォームで問題視されていた課題を解決しようと設計されています。2021年6月には100万ブロックを完成させ、安定したブロックチェーンプロジェクトであることが示されています。その通貨単位が「QTUM」です。

 Amazon Web ServiceやGoogle Cloudとアライアンスを結んでおり、企業がブロックチェーン開発を行う際に、スマートコントラクトコーディング、展開、実行を可能とする、カスタマイズ性の高いサービス提供を目指しています。

プレスリリース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!