開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/10/20

米アテアのコロナ経口薬、有効性確認できず 株価65%安

ロイター

photo

[19日 ロイター] - 米バイオ医薬品のアテア・ファーマシューティカルズは19日、スイスの製薬大手ロシュと共同開発している新型コロナウイルスの経口薬について、軽度から中程度の症状を示す低リスク患者を対象とした小規模な治験で有効性を確認できなかった、と発表した。

この発表を受けて同社の株は一時65%超下落した。

コロナ経口治療薬の開発競争において、「モルヌピラビル」を有する米製薬大手メルクに大きく遅れを取ることとなった。

同社は後期治験の対象患者層を変更することを検討している。このため治験データの獲得は当初予定より少なくとも6カ月遅れ、2022年下半期になるとしている。

一方、メルクは11日、米食品医薬品局(FDA)にモルヌピラビルの緊急使用許可を申請している。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!