開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/17

中国当局、大型MMFの規制強化 アント傘下ファンドに影響も

ロイター

photo

[上海 14日 ロイター] - 中国証券監督管理委員会(証監会)は14日、大型マネー・マーケット・ファンド(MMF)の監督強化に向けた規制案を発表した。アント・グループ傘下のMMF「余額宝(ユエバオ)」の締め付け強化につながる可能性がある。

「大型」の定義については、純資産残高が2000億元(314億9000万ドル)以上、あるいは5000万人以上が投資しているファンドとした。

アリババ集団の関連金融会社アント・グループ傘下の余額宝は純資産残高が9月末時点で7646億元に上る国内最大のMMF。

証監会の声明によると、新たなルールは「ファンドマネジャーのリスク管理能力を高め、商品の耐性を改善し、安全と流動性の確保につながる見通し」だと説明した。特定の会社には言及しなかった。

中国当局はアントに抜本的な再編を要求してきた。中国人民銀行(中央銀行)は昨年4月、アントに対し余額宝の規模縮小を求めた。かつては世界最大のMMFだった余額宝の資産残高は2018年序盤に付けたピークの1兆7000億元から現在は半分以下に減っている。

新ルールは、大型MMFは「むやみに拡大すべきではない」と規定。ファンドマネジャーの報酬をファンドの規模と連動する行為も禁じた。

さらに、ファンドマネジャーに対し、資産管理手数料の40%をリスク準備金として積み立て、今まで以上に厳格なリスク管理措置を導入し、ストレステスト(健全性審査)の頻度を高めるよう求めた。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!