開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/19

ゴールドマン、第4四半期は13%減益 トレーディング収入低調

ロイター

photo



[18日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックスが18日に発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は利益が約13%減少し、市場予想を下回った。投資銀行部門は好調だったものの、株価変動が乏しくトレーディング事業が悪化したほか費用が増加した。これを受け株価は8%超下落した。

トレーディング事業を含むグローバル・マーケッツ部門の収入は7%減の約40億ドル。グローバル・マーケッツ部門は総収入のおよそ3分の1を占める。

株式引受収入が8%減。株式売出しに伴う収入が減少した。

債券トレーディング収入は18億6000万ドルとほぼ変わらずだったが、株式トレーディング収入が11%減少した。グローバル・マーケッツ部門の収入は前四半期比で29%減少した。

一方、投資銀行部門の収入は45%増の38億ドル。アドバイザリー手数料などが増加した。

普通株主に帰属する純利益は38億1000万ドルと、前年同期の43億6000万ドルから減少した。

1株利益は前年同期の12.08ドルから10.81ドルに減少。市場予想は11.76ドルだった。

総収入は8%増の126億4000万ドル。投資銀行部門とコンシューマー・アンド・ウェルスマネジメント部門がけん引した。特に傘下のコンシューマー・バンキング部門「マーカス」が好調で、クレジットカードと預金残高の増加が寄与し8%増収となった。

一方、賃金上昇と投資コストが利益を圧迫した。営業費用は23%増加。賃金と福利厚生費が大幅に増加した。

訴訟に関する引当金計上などを含め特別費用が4億3200万ドル増加したことも重しとなった。

オッペンハイマーのアナリストは「最も顕著かつ驚くべきことは賃金に関する比率が前四半期の23.3%から25.7%に上昇したことだ。われわれは21%に低下すると見込んでいた」と指摘。「第3・四半期から第4・四半期にかけてこの比率が上昇したのは、カバレッジを開始してから初めてだ」とした。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!