開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/20

米国株式市場=続落、ナスダック調整局面入り

ロイター

photo

[19日 ロイター] - 米国株式市場は続落して取引を終えた。米国債利回り上昇や米連邦準備理事会(FRB)による引き締めへの懸念が続き、ナスダック総合は調整局面に入った。

ナスダックは昨年11月19日に付けた終値での最高値を10%超下回る水準で引けた。

第4・四半期決算シーズンが本格化する中、モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ、ユナイテッドヘルス、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)などの決算内容を消化する流れも見られた。

インベスコのクリスティナ・フーパー氏は「引き締めが始まる局面ではボラティリティーが高まることが多く、政策ミスで景気循環が終わるリスクが常にある。このため不安が強まっている」と述べた。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!