開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/26

米GE、第4四半期は供給網の混乱で減収 株価8%安

ロイター

photo

[シカゴ 25日 ロイター] - 米ゼネラル・エレクトリック(GE)が25日に発表した第4・四半期(12月まで)決算は、世界的なサプライチェーン(供給網)の混乱が続く中、減収となった。これを受け、株価は序盤の取引で一時8%安となった。

GEは会社を3分割することを発表済み。稼ぎ頭の航空分野を擁するGE本体の業績は同分野での20%超の増収を見込み、今年は増収に転じる見通し。通期の利益やフリーキャッシュフローも増加すると見込んだ。

22年の業績予想は新たな報告形式に基づいている。

22年通期の調整後1株利益の予想レンジは2.80─3.50ドル。21年は1.71ドルだった。

通期のフリーキャッシュフローは21年の26億ドルから55億─65億ドルに増加すると見込んだ。

新たな報告形式では、金融サービス部門のGEキャピタルを独立した事業セグメントとして報告しなくなる。

第4・四半期の売上高は従来の報告形式で前年同期比3%減の203億ドル。市場予想の215億ドルも下回った。調整後1株利益は0.92ドル。市場予想は0.85ドルだった。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!