• 2022/08/13 掲載

米輸入物価、7カ月ぶり下落 20年4月以来の大幅な下げ

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。
[12日 ロイター] - 米労働省が12日に発表した7月の輸入物価は前月比1.4%下落した。ロイターがまとめたエコノミスト予想は、関税を除く輸入価格で前月比1.0%下落だった。燃料と燃料以外の製品の価格がそれぞれ下がったのが主因で、為替のドル高傾向も下落要因となった。6月は0.3%上昇していた。

輸入物価の下落は7カ月ぶり。下落幅は2020年4月以降で最大だった。

7月の前年同月比は8.8%上昇。6月は10.7%上昇していた。

LPLフィナンシャルのチーフエコノミスト、ジェフリー・ローチ氏は「輸入物価と生産者物価が下落していることは、総合インフレがすでにピークを付けたことを示している」と述べた。

燃料・潤滑油は7月に前月より7.5%下落。6月は6.2%上昇していた。7月は石油・石油製品が6.8%下落。食品は0.9%下げ、下落率は2020年11月以来の大きさ。

燃料、食品を除くコア輸入物価は0.5%下落。6月は0.6%下げていた。7月の前年同月比は3.8%上昇。ドル高傾向がコア輸入物価の上昇を抑制している。

ドルは米国の主要貿易相手国の通貨に対し、今年に入って約10%上昇している。

一方、7月の輸出物価は前月比3.3%下落。6月は0.7%上昇していた。7月は農産物が3.0%下落し、大豆、小麦、綿花の低下が全体を押し下げた。

農産物以外は3.3%下落した。

7月の輸出物価の前年同月比は13.1%上昇。6月は18.1%上げていた。

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます