• 会員限定
  • 2023/10/25 掲載

シリコンバレーより「高評価」だった日本、技術開発「方針転換」に「大失敗」したワケ 篠﨑教授のインフォメーション・エコノミー(第163回)

記事をお気に入りリストに登録することができます。
技術開発のスタイルには日本が得意なラーニング・バイ・ドゥーイング型とシリコンバレーで典型的なイノベーション型がある。この2つのスタイルは、時代によって正反対の評価を受けてきた。技術体系のシフトによって経済環境が変化し、両者の長所と短所が入れ替わったからだ。実際、何かと評価されることが多いシリコンバレーも、かつては、小規模な新規事業の乱立や頻繁な人材の入れ替わりなどが欠点だと指摘され、それとは対極に位置する日本型のスタイルが高く評価されていた。当時の議論を再訪してみよう。

執筆:九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠崎彰彦

執筆:九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠崎彰彦

九州大学大学院 経済学研究院 教授
九州大学経済学部卒業。九州大学博士(経済学)
1984年日本開発銀行入行。ニューヨーク駐在員、国際部調査役等を経て、1999年九州大学助教授、2004年教授就任。この間、経済企画庁調査局、ハーバード大学イェンチン研究所にて情報経済や企業投資分析に従事。情報化に関する審議会などの委員も数多く務めている。
■研究室のホームページはこちら■

インフォメーション・エコノミー: 情報化する経済社会の全体像
・著者:篠崎 彰彦
・定価:2,600円 (税抜)
・ページ数: 285ページ
・出版社: エヌティティ出版
・ISBN:978-4757123335
・発売日:2014年3月25日

photo
日本が得意なラーニング・バイ・ドゥーイング型は評価されなくなった
(photo/Shutterstock.com)

「低評価」だったシリコンバレーと「高評価」だった日本

 米国西海岸のシリコンバレーは、デジタル革命が進行する中で、その技術開発スタイルが高く称賛されている。その一方で、停滞が続く日本の評価は低い。だが、1980年代においては両者の評価は正反対だった。

 当時シリコンバレーは、小規模な新規事業の乱立、技術オリエンテッドによる製造部門や消費者との連携の弱さ、頻繁な人材の入れ替わりなどが際立った欠点だと否定的に評価されていた。これとは逆に、日本の技術開発スタイルが称賛されていたのだ。

画像
シリコンバレーと日本の評価は1980年代においては対照的だった
(Photo/Shutterstock.com)

生成AIで1分にまとめた動画
 たとえば、Kenney and Florida (1988) は、国際的にプレゼンスを高めていた日本企業の技術開発スタイルについて、雇用慣行などにも言及しながら、開発部門と製造部門とが安定して結びついている点を高く評価している。

 そして、シリコンバレー地区に見られる企業家的あるいはブレークスルー的なイノベーション(entrepreneurial or breakthrough innovation)とは別のスタイルだと称賛した。この対比は、前回解説したラーニング・バイ・ドゥーイング型とイノベーション型に通じるものだ。

 つまり、「ベンチャー精神」や「柔軟な労働市場」の強弱は、今に続く日米の対照的な特徴であり、この傾向が弱かった日本型のスタイルが高く評価されていたのだ。

日本の「長所」が「短所」になったワケ

 このほかにも、1980年代の日米の特徴を実証的に比較検討したMansfield(1988)によると、研究開発に関しては、日本が大企業中心なのに対して米国は中堅・中小の貢献が大きく、小規模な新事業の乱立というベンチャー型に特徴があると分析されていた。

 技術開発のスタイルが変わらない中で、評価が正反対になったのは、この間に経済環境の変化が起きたからだ。1980年代の日本で技術開発の主軸を担った電機産業は、ズルズルと国際競争力を低下させ、その傾向はとりわけ総合メーカーで顕著だった。

 アナログからデジタルへと技術体系がシフトしたことで、日本が得意としたラーニング・バイ・ドゥーイング型の技術開発よりも、米国が得意とするイノベーション型の技術開発に可能性がより大きく広がったと考えられる。

 連載の第36回で解説したように、デジタル化によって代替取引やネットワークの経済性が発揮しやすい環境が生まれたことで、「小規模な新規事業の乱立」や「技術オリエンテッドによる製造部門・消費者との連携の弱さ」が、全く新しい財・サービスの創出という面で、短所から長所に逆転したのだ。 【次ページ】現場主義のラーニング・バイ・ドゥーイングが続く日本

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます