• トップページ
  • 事業拡大
  • 競争力強化
  • なぜ日本は「デジタル敗戦」したのか、米国に差を付けられて当然の「3つの問題」とは 篠﨑教授のインフォメーション・エコノミー(第159回)

  • 会員限定
  • 2023/06/15 掲載

なぜ日本は「デジタル敗戦」したのか、米国に差を付けられて当然の「3つの問題」とは 篠﨑教授のインフォメーション・エコノミー(第159回)

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
国際社会はデジタル化で大変貌した。中国とインドは、ハードウェアやソフトウェアの供給拠点として、それぞれICT産業を発展させ、米国は、コンテンツや情報サービスを中心にICT産業の高度化を実現した。一方、日本経済は、グローバル経済が躍動感に溢(あふ)れる中で「失われた30年」を余儀なくされた。これには1990年代に直面した日本固有の「3つの問題」が影響している。今回はこの観点からデジタル革命の波に乗れなかった原因を考えてみよう。

執筆:九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠崎彰彦

執筆:九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠崎彰彦

九州大学大学院 経済学研究院 教授
九州大学経済学部卒業。九州大学博士(経済学)
1984年日本開発銀行入行。ニューヨーク駐在員、国際部調査役等を経て、1999年九州大学助教授、2004年教授就任。この間、経済企画庁調査局、ハーバード大学イェンチン研究所にて情報経済や企業投資分析に従事。情報化に関する審議会などの委員も数多く務めている。
■研究室のホームページはこちら■

インフォメーション・エコノミー: 情報化する経済社会の全体像
・著者:篠崎 彰彦
・定価:2,600円 (税抜)
・ページ数: 285ページ
・出版社: エヌティティ出版
・ISBN:978-4757123335
・発売日:2014年3月25日

photo
雇用・設備・負債の観点からデジタル化失敗の理由を考える
(Photo/Shutterstock.com)

国際社会が躍動感に満ちた過去30年

 前回解説したように、デジタル化の波に乗った生産性向上は、技術への投資と無形資産への投資(仕組みの見直し)が一体となって実現する。先陣を切ってこの波に乗り、ニュー・エコノミーを実現したのは1990年代の米国経済だ。

 多くの実証研究によって、米国経済がデジタル技術への投資で生産性を再加速させ、高い成長を実現したと実証されている。見落としてはならないのは、デジタル化の波は冷戦終結に伴う「平和の配当」の中で世界に広がったことだ。

 ヒト、モノ、カネなどの経済資源が国防関連から民間のハイテク分野へとシフトする中、旧社会主義圏が市場経済に移行したことで、人口比で2割程度にすぎなかった西側の市場経済圏が一気にグローバル規模に広がった。

 すり合わせ型のアナログ製品とは異なり、モジュール構造のデジタル財は、グローバルな分業になじみやすい。新たに市場化した経済圏の安くて豊富な労働力を上手く生かせば、大きなビジネス・チャンスが生まれる。

 実際、パソコン製造・直販のデルや小売り大手のウォルマートなどデジタル技術を駆使してグローバルに広がるサプライチェーンを構築した企業は、変化の波を巧みに捉えて事業規模を急拡大させた。

ICT産業で「命運」分かれた日米

 もちろん、こうした国際環境の激変は副作用も生んだ。冷戦に勝利した西側先進諸国は価格競争の激化に直面し、より付加価値の高い分野へ産業構造の転換が迫られたからだ。

 新たに市場化した経済圏からふんだんに供給される領域に従来どおりヒト、モノ、カネを張り付けていたのでは、賃金が同じ水準に引き寄せられデフレ圧力がかかり続ける。これは、国際経済学でいう「要素価格均等化定理」そのものだ。

 このワナにはまらないためには、付加価値の高い領域に経済資源をシフトさせ、一人当たり所得(=生産性)を向上させなければならない。GAFAに象徴されるテック企業が成長をけん引した米国では、こうした資源配分のシフトでICT産業が発展を遂げた。

画像
ICT産業の拡大は資源配分のシフトで実現した
(Photo/Shutterstock.com)

 国際産業連関表を用いて日米中印などのICT産業を分析した小野﨑他(2023)によると、中国やインドが大幅な価格低下を伴いながら産業の規模を拡大させる中、米国はコンテンツや情報サービスの分野を中心に価格の上昇を伴いながら産業規模を拡大させた。

 つまり、成熟した先進国の米国は、ICT産業内での高度化を通じて、より付加価値の高い分野にシフトし、中国やインドなど新興国との価格競争によるデフレを回避しつつICT産業の発展を実現したのだ。

 一方、日本のICT産業を見ると、ハードウェアから情報サービスやコンテンツに至るまであらゆる分野で価格低下に見舞われ、数量の伸びにも勢いがなかった(小野﨑[2023])。技術体系と国際環境が激変する中で「失われた30年」を費やした姿を象徴する結果だ。 【次ページ】日本が直面した「3つの過剰」問題とは

関連タグ

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます