• 会員限定
  • 2024/02/29 掲載

アクセンチュア流「AIとの8つの融合スキル」とは? トップが示す生成AI仕事術

アクセンチュア流「生成AI時代の仕事術」

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
ジェネレーティブAI(生成AI)の代表格、ChatGPTは公開から3カ月ほどで、「MBA最終試験の解答がB(合格レベル)評価を獲得」「米司法試験の解答が上位10%のスコアを獲得」「日本の医師国家試験に合格」したほどの実力を持つ。あまりのスピードの速さに「生成AIスキルが陳腐化するのでは」と憂慮する声もある。では陳腐化しない生成AIスキルとは何か? 本稿ではアクセンチュア 執行役員 AIセンター長 保科 学世氏が提唱する2018年から現在も古びない「AIとの8つの融合スキル」を紹介する。「人間がAIを補完するスキル」「AIに人間の力を拡張させるスキル」「人間とAIのハイブリッド活動」に分けてそのポイントを確認しよう。

執筆:アクセンチュア 執行役員 AIセンター長 保科 学世

執筆:アクセンチュア 執行役員 AIセンター長 保科 学世

photo
AI時代に必要な8つの融合スキルとは?(後ほど詳しく解説します)

日本企業の「生成AIスキル陳腐化懸念」という憂慮

 マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏はAIを「携帯電話やインターネットと同じくらい革命的」と語っているが、筆者が受けた衝撃はインターネットが出現したとき以上のものだ。今後生成AIは私たちのあらゆる仕事や生活全般に影響を及ぼしていくだろう。

 今、世界の人口の半数以上がインターネットを活用しており、日本ではもはやインターネットを抜きに仕事や生活をしていくことは難しい世の中となっている。生成AIも今後、同様の流れをたどり、その先には、今までとはまったく異なる仕事のあり方や生活の形が表れるのではと筆者は考えている。少なくとも、この技術を使いこなせるか否かで、今後ホワイトカラーの仕事の効率は天と地ほどの差が生まれるに違いない。

画像
爆発的な活用が進む生成AI
(出典:アクセンチュア)

 生成AIはDX(デジタルトランスフォーメーション)を強力に推進する武器であり、生成AIを業務に組み込むことでDXが進んでいくことだろう。一方、日本はIMD発表の世界デジタル競争力ランキング(2023)で前年調査からさらに3つランクを下げて32位と、調査開始以来過去最低だった。本調査の中で特に、ビジネスの俊敏性や、人材面で足を引っ張っている点を筆者は憂慮している。

 近年の生成AIの急速な発展を目にして、今何かスキル習得を始めてもそのスキルがすぐに陳腐化してしまうのではないか。そのような懸念の声を、筆者自身クライアント企業の現場でしばしば耳にする。

 しかし筆者が2018年から提唱している「8つのスキル」は、2024年現在でも有効で、むしろ今だからこそ重要になったスキルであると考えている(監修した書籍『HUMAN+MACHINE 人間+マシン: AI時代の8つの融合スキル』で紹介)。

 DXをこれから推進する企業を念頭に出版した内容だが、生成AIの登場によってDXによる業務変化のインパクトが桁違いに大きくなり、結果この8つのスキルは今、5年前より一層重要になった。今改めて必要と感じるこの8つのスキルを、「人間がAIを補完するスキル」「AIに人間の力を拡張させるスキル」「人間とAIのハイブリッド活動」の3つのカテゴリにわけて見てみよう。

人間がAIを補完するスキル

<1>人間性回復
 人間は人間の得意とする仕事に注力することだ。仕事の生産性のみを追求するのではなく、人間の幸福度が最大化するような、人間とAIの役割分担を考えることが問われる。

<2>定着化遂行
 業務変革スキルと言い換えても良い。人間とAIが協働する形を単なる実験で終わらせず、業務にしっかり定着させる能力が必要になる。

<3>判断プロセス統合
 人間による総合的判断能力をさす。AIの判断を取り入れつつ、「人間の判断」が必要なプロセスを見極め、総合的判断を下す能力が問われる。 【次ページ】「AIに人間の力を拡張させるスキル」「人間とAIのハイブリッド活動」

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

Slack AI Day

Slack AI の日本語ローンチを祝し、革新の軌跡を振り返り、未来への一歩を踏み出す特別なイベントを開催します。 「コミュニケーションの先の未来を再定義する」というテーマのもと、Slack はメッセージングツールから AI を活用した強力なプラットフォームへと進化しました。 私たちの働き方を根本から変えるこのプラットフォームでは、CRM やアプリケーションの複数同時活用が可能で、 あらゆるデジタル業務が Slack を通じて円滑に進行します。 また、AI の強化により、過去の会話や見落としていた情報を活用して、ワンクリックで最適なコミュニケーションを実現することができます。 この記念すべきイベントでは、「新しい働き方」と業務における生成 AI の活用に焦点を当てます。 Slack AI を通じて、私たちは日常の業務プロセスを根本から変革し、生産性の飛躍的な向上を目指します。 AI とオートメーションの融合が、時間を要する従来のプロセスを一新。 Salesforce の Customer 360 と連携した Slack で働き方が劇的に変わります。 Slack を愛用し続けてくださる皆さま、そしてこれから Slack をご利用してくださる皆さまと共に、AI による業務効率化の新時代を創ります。 進化を遂げた Slackと一緒に、未来の働き方を再定義し、その可能性を探求しませんか? 【このような方におすすめです】 ・業務における生成 AI の活用を模索している方 ・より効率的な働き方・チームコミュニケーションを模索している方 ・Slack でできることを知りたい方、Slack の利用を検討している方 ・Slack を使っているけど、"コミュニケーション" 以外の新しい利用価値を知りたい方 ・部門・プロジェクトごとの部分的な Slack 利用から組織全体へ広げていきたい方 ・Slack 無償版から有償版へ切り替えたい方

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます